ローカル線の回顧録

1970年代後半から2000年頃までのローカル線の記録

第763話 1994年一畑:残念な日曜日(その3)

この日は最高の天気に恵まれましたが、最低の電車しか走って来ません。 確かデハ20形が1本走っていたはずですが、どこに行ってしまったのか? 1.デハ81+クハ181 (美談~大寺:1994年4月) 当時のカメラはデジタルではないので、撮った写真はその場で確認…

第762話 1994年一畑:残念な日曜日(その2)

一畑電鉄に来る度に思いますが、わざわざここまで西武電車の撮影をしに来たのではありません。やはり、一畑オリジナルのデハニ50形、デハ20形を撮影しないと意味がありません。 1.クハ181+デハ81 (大寺~美談:1994年4月) しかし、この日は日曜日です。…

第761話 1994年一畑:残念な日曜日

1994年4月の一畑電鉄の様子を第656話~第658話でお伝えしましたが、今回はその続きの日曜日の様子です。 前日は広島から朝一のバスで移動してきたため、昼からの撮影となりましたが、日中の運用車両は80系を主体とするつまらない面々でした。2日目に期待して…

第760話 1986年三峰石灰:秩父にトロッコを求めて

今回はいわゆる一般鉄道ではなく、動力車が存在しないナローの産業用トロッコの話題です。 今から40年程前に、秩父地方の地形図を見ていた時に、秩父鉄道の武州中川駅から直線に延びる軌道のような標記が記載されていることに気づきました。これは誤記なのか…

第759話 1993年富山地鉄:二兎を追う者は・・・。(その4)

立山線の下段~沢中山辺りは、午後になると順光で立山連峰を背景に撮影できます。しかしこの日は厚い雲に覆われて何も見えません。せっかくの富山地鉄ですが全く気合が入りません。 1.モハ14782+クハ182 (下段~釜ヶ淵:1993年5月) モハ14782+クハ182が…

第758話 1993年富山地鉄:二兎を追う者は・・・。(その3)

この日の天気は、晴れたり曇ったり、やはり微妙でした。とりあえずは、雨に降られなかったので撮影を続けましたが、山の方は荒れ模様で、立山砂防をギブアップして正解でした。 1.モハ14760形2連 (沢中山~岩峅寺:1993年5月) こんな雨模様の天気ですが…

第757話 1993年富山地鉄:二兎を追う者は・・・。(その2)

1993年のGWは欲張りすぎてしまい、四国から北陸まで移動しましたが、結局天気が悪くどこも共倒れになってしまいました。まさに、二兎を追う者は一兎をも得ずでした。 本命の立山砂防も空振りに終わり、仕方なく富山で行程調整です。 1.モハ10032、モハ1002…

第756話 1993年立山砂防:二兎を追う者は・・・。

突然ですが、欲張ると碌なことがありません。 1993年のGWは琴電→南海貴志川→野上を早回りする計画でしたが、つい欲張ってしまい、急遽大阪から立山砂防へアプローチするこにしました。ところが、天気のことなど考えていなかったことが祟り、始終雨に降られま…

第755話 1993年熊本:LRTを夢見る(その6)

1993年当時の熊本電鉄の様子は、一通りお伝えしましたが、今回はついでに当時確認できた保存車両をお伝えします。 1.旧モハ101(保存車) (菊池駅跡:1993年10月) 熊本電鉄の保存車両については、旧菊池駅跡にモハ101が有るという情報しか持っていません…

第754話 1993年熊本:LRTを夢見る(その5)

引き続き1993年の上熊本線の様子です。 ところで上熊本線は、実は支線ではなく上熊本~御代志間が本来の本線で、藤崎宮前~北熊本間が支線だそうです。しかし、上熊本~御代志間は直通する列車はなく、上熊本~北熊本間を便宜上、上熊本線と呼んでいる様です…

第753話 1993年熊本:LRTを夢見る(その4)

今回の熊本電鉄は、「お宝」の話題からです。 路線短縮時に古い車両を一掃した熊本電鉄ですが、1両だけ旧型車を車庫内の入換機として残していました。 1.旧モハ71 (北熊本:1993年9月) これが「お宝」の旧モハ71(注1)です。この時点では車籍はなく、機…

第752話 1993年熊本:LRTを夢見る(その3)

熊本電鉄の5100形はカルダン車でしたが、500系は吊掛車でした。しかしながら、500系はカルダン車の5100形と対等に使用されており、この時点ではまだまだ主力車でした。 1.クハ506+モハ505 (北熊本:1993年9月) 500系は元静岡鉄道モハ100形です。 この車両は…

第751話 1993年熊本:LRTを夢見る(その2)

今回は、1993年熊本電鉄訪問時の在籍車両の様子です。 この頃の熊本電鉄は、すでに雑多な車両が淘汰された後であり、主力は元静岡鉄道及び元東急電鉄から購入した中古車に車種統一されていました。 1.クハ502+モハ501、モハ5101+モハ5102 (北熊本:1993年9月) 北…

第750話 1993年熊本:LRTを夢見る

1990年代になり、ようやく九州方面へ出向く機会が増えましたが、時すでに遅く、いずこも古い車両はなくなってしまった後でした。悔やまれるのは廃止となった鹿児島交通薩南線ですが、もう一カ所、熊本電鉄の旧型電車たちでした。 今回は、1993年に初めて訪問…

第749話 1993年南海(貴志川):ラピート誕生の頃(その2)

貴志川線は南海電鉄でありながら、もはや忘れられた存在の様でした。それどころか大手私鉄の中古車を導入して体質改善を図る地方私鉄よりも遅れをとっていました。 近所の水間鉄道も、長年南海電車のお古を愛用し、見た目は南海電車の支線の様な路線でしたが…

第748話 1993年南海(貴志川):ラピート誕生の頃

1993年は、2年ぶりに南海電鉄貴志川線を訪問しました。 この頃、南海電鉄では関西国際空港乗り入れに伴う新型特急車の愛称を公募していた頃であり、天王寺支線が全廃された頃でもありました。 1.新型特急車のネーミング募集のチラシ この電車はご存知のと…

第747話 1992年小湊:不変道徳の世界(その4)

小湊鉄道は、上総牛久までは列車本数が多く、沿線も宅地化されていました。しかし、五井~上総牛久間はあまり良い撮影ポイントはないようで、やはり撮影目的なら上総鶴舞よりも山側をお薦めします。ただし、列車本数は非常に少ないので、予め撮影ポイントを…

第746話 1992年小湊:不変道徳の世界(その3)

当ブログでは、少し前の懐かしいローカル線車両を、当時撮影した画像を交えて回顧する趣旨で進めておりますが、困った事に小湊鉄道は時間が止まっているかの様に、ちっとも懐かしさを感じないどころか、現在もそのまんまです。 1.200形2連 (上総久保~上…

第745話 1992年小湊:不変道徳の世界(その2)

この日は土曜日でしたが、もう行楽シーズンも過ぎていたのでハイキング客もおらず、閑散としていました。よって、4連など間違っても走りませんが、天気が良かったので本線撮影に出向きました。 1.200形2連 (上総鶴舞:1992年12月) 前回の訪問時は上総大…

第744話 1992年小湊:不変道徳の世界

今回は2度目の小湊鉄道訪問の話題です。 1度目は第544話~第547話で、秋の行楽輸送をお伝えしましたが、その時は走行撮影に徹していたので、肝心な五井機関区には立ち寄っておらず、大事な「お宝」を見ずじまいでした。よって、その2週間後に改めて機関区…

第743話 1994年土佐:いにしえのLRT(その7)

今回も引き続き土佐電の輸入中古車の話題です。 土佐電では、8車種の外国の路面電車を譲受しましたが、そのうち竣工したのは5車種でした。第742話では1994年当時の735形と320形についてお伝えしましたが、今回は残りの3車種です。 1.910 (桟橋車庫:1994…

第742話 1994年土佐:いにしえのLRT(その6)

ここからは、" どーでもよい ” と言うと怒られそうですが、惰性で土佐電のイベント車の話題です。 それまでイベント車とは、国鉄(JR)や距離の長い大手私鉄などが保有する「お座敷車両」や、地方私鉄ではせいぜい「花電車」程度でしたが、バブル期になると地…

第741話 1994年土佐:いにしえのLRT(その5)

土佐電の市内線は伝統的に自社発注車の血統を維持していましたが、新製車はお金が掛かるからなのか、同じ四国の廃止された琴平参宮電鉄から1964年に3両を譲受したのにはじまり、1971年には廃止された下関の山陽電軌から7両を譲受しました。1994年当時は、す…

第740話 1994年土佐:いにしえのLRT(その4)

土佐電と言えば、やはり600形です。 600形は200形に続いて登場した、今度は太った車体更新前の都電7000形のような顔をした車両です。本来であれば、新型のLRT車両として、土佐電のPCCカーだった500形の量産的存在になるはずでしたが、カルダン化は見送られて…

第739話 1994年土佐:いにしえのLRT(その3)

さて、土佐電の桟橋車庫を一通り眺めたので、在籍車両の経歴について確認したいと思います。すでにご覧頂いた通り、古い車両は居ません。そして、意外とオリジナル車両が多く、車両の種類も規模の割に少ないです。私の場合、路面電車と言えば広電ありきだっ…

第738話 1994年土佐:いにしえのLRT(その2)

続いて、土佐電桟橋車庫の様子です。 この頃の土佐電は、誰が見ても完全な路面電車の路線でしたが、かつては安芸線と言う鉄道線が存在しました。安芸線は1974年に廃止され、現在はその軌道敷を一部流用して、第三セクターの土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線…

第737話 1994年土佐:いにしえのLRT

1994年は仕事で広島に長期滞在していた関係で、琴電へ出向く機会が増えました。その琴電訪問時に、ふと思ったのが「土佐電をまだ見たことがない」ということでした。当時の土佐電は、一部に専用軌道はあるものの基本は路面電車で、古い車両もないので、全く…

第736話 1993年茨城交通:潜在的車種統一(その3)

この日、茨城交通へ出向いた目的は、朝の4連撮影でした。 朝の4連は1985年にも撮影していましたが、朝のラッシュ時に1往復しか走らず、運行時間帯も早いので撮影が難しい列車でした。その時は車での撮影だったので、早朝から撮影ができましたが、東京から電…

第735話 1993年茨城交通:潜在的車種統一(その2)

1993年当時の茨城県下の非電化私鉄を見ると、鹿島鉄道が4両のNDCをすでに導入しており、関東鉄道常総線もこの年にキハ2100形を導入します。ところが、茨城交通は中古車のキハ20形が登場し、異端車を排除しましたが、ようやくワンマン運転が始まったばかりで…

第734話 1993年茨城交通:潜在的車種統一

1993年3月、2年振りに茨城交通を訪問しました。 1991年の訪問時には、キハ20形が2両お隣の鹿島臨海から移籍していましたが、その後も移籍が続き、最終的にキハ20形は4両になっていました。 1.キハ1103(廃車)+ケハ601(廃車) (那珂湊:1993年3月) 湘南…