ローカル線の回顧録

1970年代後半から2000年頃までのローカル線の記録

第389話 1988年関東(常総):いやな予感!

1988年の年末年始は長期出張中の新潟から東京の実家に帰省しましたが、暇だったので元旦から関東鉄道常総線の撮影に出向きました。

ところで、関東鉄道常総線は既にくどいくらい本ブログで話題に挙げていますが、いつも車両の形式写真ばかりで、いままで走行写真をまともに投稿していませんでした。実は常総線の車両が多彩過ぎて、形式写真を撮ることに専念していたため、これまで全く走行撮影をしていなかったからですが、今回はいよいよ走行写真の投稿となりました。しかし、たいした写真ではありませんので、悪しからずご了承願います。

 

1.キハ721+キハ813 (小絹~水海道:1988年1月)

f:id:kk-kiyo:20191027150854j:plain

 この日は、初めて常総線の走行写真を撮るため、いきなり水海道には行かず、一つ手前の小絹で下車して、撮影しながら水海道を目指しました。

この日は元旦なので、ほとんどの車両は車庫で昼寝です。よって、元国鉄の機械式気動車だった面々は走っていません。概ねキハ0形かキハ310形しか走っていないだろうと思っていましたが、キハ721+キハ813の凸凹コンビが走っていました。このコンビは、常総線ではまだ若年層ですが、相当なくせ者です。詳細は第154話をご覧ください。

 

2.キハ002+キハ001+キハ805 (小絹~水海道:1988年1月)

f:id:kk-kiyo:20191027150912j:plain

 小絹から水海道までの1駅間は4.5kmもあります。列車は日中ほぼ30分間隔で走っていたので、どちらかの方向へ15分程度の高頻度でやって来ました。複線化も実現し、こんな高頻度運転なのに電化できないとは、不経済的極まりないというか、常総線の悲しい定めです。

 

3.キハ802+キハ0形2連 (小絹~水海道:1988年1月)

f:id:kk-kiyo:20191027150932j:plain

 しかし、ほとんどの列車がキハ0形やキハ310形なので面白くありません。幸いキハ800形を増結して3連だったのでなんとか我慢できました。

キハ0形も先頭にキハ800形が増結されると、撮影に気合が入ります。バス窓2扉車と通勤電車タイプの連結は奇妙でした。

 

4.キハ804+キハ310形2連 (小絹~水海道:1988年1月)

f:id:kk-kiyo:20191027150952j:plain

今度も同じ列車かと思ったら、キハ804の後ろはキハ0形ではなくキハ310形でした。まあどちらも同じような車両なのでどうでもよいですが、オール広告車なのがイマイチです。

 

5.キハ301+キハ805+キハ701 (小絹~水海道:1988年1月)

f:id:kk-kiyo:20191027151013j:plain

 続いてやって来たのは、何と筑波鉄道から移籍してきたキハ301を先頭にした凸凹3連です。キハ301は一年前はまだ筑波鉄道に居ました。筑波鉄道が1987年3月末で廃止となり、保有されていた車両で唯一このキハ301だけが常総線に転じて生き延びました。

しかし、何も改造されることなく常総線に紛れ込み、まったく違和感ありません。

ところで、この時キハ301は一匹狼でしたが、その後大変なことになります。

 

6.キハ004+キハ003+キハ800形 (小絹~水海道:1988年1月)

f:id:kk-kiyo:20191027151047j:plain

 さて、この写真の右側に何やら工事中の線路らしきものが写っています。

この場所は現在の南水海道=車両基地です。この時は新しい駅でも出来るのかと思った程度でしたが、まさかここに車両基地が移転するとは思いませんでした。そして、この場所では車両基地が出来る前に、印象に残る出来事がありました。