ローカル線の回顧録

1970年代後半から2000年頃までのローカル線の記録

第914話 1994年加越能:先行きが微妙な頃(その3)

さて、1992年の訪問時には沿線撮影もしませんでしたが、米島口から先にも行かずに帰ってしまったので、今回は未踏地帯をブラブラ歩いて撮影しました。

 

1.デ7052 (新吉久~吉久:1994年10月)

f:id:kk-kiyo:20210814143442j:plain

 米島口から先は専用軌道と併用軌道が混在する、歴史的にも複雑な路線です。この辺りは単線の併用軌道です。周りは工場地帯の様ですが、非常に閑散としており、果たして万葉線の利用客がいるのか不安になりました。

 

2.デ7073 (吉久~中伏木:1994年10月)

f:id:kk-kiyo:20210814143534j:plain

 車の姿も見えない道路を電車がのんびりやって来ました。ここは裏通りなのか?なんとも不思議な光景です。

 

3.デ7072 (新吉久~吉久:1994年10月)

f:id:kk-kiyo:20210814143610j:plain

 困った「猫電車」がやって来ました。これは広告電車なのか?まあ、少しでも盛り上げないと、この頃の万葉線は、先行きが微妙な頃でした。

 

4.デ7061 (吉久~中伏木:1994年10月)

f:id:kk-kiyo:20210814143640j:plain

 そして、次の電車は世界的に有名なコーラ電車でした。やはり広告が重要な収入源の様ですが、阪堺電軌や広電の様に羽目を外した広告電車は、先程の猫電車とこのコーラ電車くらいでした。しかし、この沿線で広告の効果は如何ほどのものか?

 

5.デ7074 (新吉久~吉久:1994年10月)

f:id:kk-kiyo:20210814143731j:plain

 よく出会うデ7074が来ました。珍しく車が併走していました。路面電車の撮影では、併走する車と被らないように注意しなければなりませんが、電車に比べて寿命の短い車は、撮影の年代背景を物語る良い指標となるので、この様な併走撮影も良い記録になります。

 

6.デ7073 (新吉久:1994年10月)

f:id:kk-kiyo:20210814143808j:plain

 ここは、交換設備のある電停なので、道路も拡幅しています。電車がいなければこのトラックは恐らく真っすぐ進んだのでしょうが、この電停で一気に電車を追い越して行きました。

 

7.デ7074 (六渡寺~中伏木:1994年10月)

f:id:kk-kiyo:20210814143508j:plain

 少し進むと、専用軌道に入ります。この付近はJR貨物新湊線と併走する区間です。しかし、この頃の新湊線はまともに営業していたのかわかりませんが、ヤードには雑草が生えて廃線のムードが漂っていました。