ローカル線の回顧録

1970年代後半から2000年頃までのローカル線の記録

第460話 1988年新潟交通:盛夏の越後平野(その2)

この日はやはり日曜日なので、同じスタイルの単行電車しか走っていませんでした。半日も撮影すれば飽きてしまいます。

 

1.モハ14 (燕~灰方:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213756j:plain

この日この時点で確認できた車両は、モハ12、モハ14、モハ25です。最初から期待はしていませんでしたが、休日の新潟交通はこんなもんでした。

 

2.モハ14 (燕~灰方:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213717j:plain

横道に逸れますが、昭和59年以降の新潟交通の時刻表が出て来ましたので、以下にご紹介します。この時刻表は、新潟交通が駅などで無料で配布していたもので、撮影の際には大変重宝しました。

今回は昭和59年、61年、63年の時刻表から、午前中の燕から白山前方面の抜粋です。注目いただきたいのは、燕側の区間運転の状況です。

 

3.昭和59年4月8日改正の時刻表抜粋

f:id:kk-kiyo:20200125180315p:plain

 昭和59年の時刻表は、運行列車本数が最も多かった頃です。運用を見ると、日中の燕~六分間の区間運転が結構あります。また、燕高校の通学列車として、燕~灰方間の区間運転もありました。この頃の平日朝の3連は、燕発6:29(101列車)と6:53(103列車)の2本でした。この頃は、新潟側の起点駅の名称がまだ白山前ではなく県庁前でした。

 

4.昭和61年11月1日改正の時刻表抜粋

f:id:kk-kiyo:20200125182238p:plain

昭和61年の改正では、運行本数が若干減りましたが、特に日中の燕~六分間の区間運転が燕発 10:28(501列車)のみとなりました。燕高校の通学列車は朝は白山前行に統合され、帰りの列車は存続していました。平日朝の3連は時刻も変わらず健在でした。ところでこの時刻表は、強引にも新幹線との接続まで記されています。当時は上野駅が新幹線の起点でした。上野から始発の新幹線に乗ると、燕発8:58の新潟交通の電車に乗れましたが、果たしてどの程度の利用があったのか?

 

5.昭和63年4月現在の時刻表抜粋

f:id:kk-kiyo:20200125182311p:plain

 今回の投稿写真を撮影した昭和63年の時刻表では、列車本数が更に減りましたが、日中の燕~六分間の区間運転が一部復活して、燕~六分間は列車本数が1本増えました。燕高校の通学列車は定期列車に統合されてなくなりました。平日朝の3連は若干時刻が早くなりましたが、2列車とも健在でした。

 

6.モハ16 (燕~灰方:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213839j:plain

 さて、話を戻しますが、もう帰ろうかと思っていたら、燕行の旧車体のモハ16がやって来ました。

いつもこんな感じで、なぜか、帰ろうと思うとモハ16がやって来ます。すでに撤収態勢だったので、あわてて真横からの撮影となりました。

 

7.モハ16 (燕~灰方:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200120220153j:plain

 せっかくのモハ16なので、折返しの白山前行きも撮影することにしました。しかし、陽の向きが、いよいよ真横となり、仕方なくまた同じようなサイドビューの撮影です。

モハ16もガラガラで、側窓全開で走り去りました。

 

8.モハ11 (燕~灰方:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117214005j:plain

 この日、最後の撮影は、燕駅近くの陸橋から住宅街を走るモハ11です。

燕は結構大きな街です。洋食器の製造で有名なところでもあり、新潟との人の交流もかなりあると思いますが、さすがに新潟交通の電車を利用していた人がどの程度あったのか?おそらくほとんどなかったものと思います。そのネックは、新潟交通の電車が新潟の繁華街や新潟駅に乗り入れていなかったことと、時代はすでに新幹線や高速バスが主流になっていたからです。ちなみに、新潟交通の電車で燕から白山前経由で新潟駅へ行くと1時間半以上かかりましたが、燕三条経由の新幹線利用では、特急料金は掛かりますが30分強といったところです。やがてバブル期と共に燕から新潟交通の電車は消えて行きます。

 

第459話 1988年新潟交通:盛夏の越後平野

1988年4月まで、私は仕事の関係で新潟に居ました。その頃は毎週のように新潟交通の電車を撮影していましたが、東京に戻ってからも新潟へ行く機会が多かったので、時々休日を利用して新潟交通の電車を撮りに行きました。

今回は、1988年8月の盛夏の越後平野の様子です。

 

1.モハ12 (灰方~燕:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213337j:plain

 この日は日曜日だったので、朝の3連は走りません。日曜日の燕発着の列車は終日単行だったので、旧型のクハも走らず、趣味的には面白くありませんが、夏の稲穂がたなびく越後平野は被写体には申し分なく、それなりの撮影ができました。

 

2.モハ25 (灰方~燕:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213404j:plain

 ちょうど半年前、この辺りは雪原でした。用水路に転落して遭難しそうになった場所ですが、季節が変わると別世界です。

この日は朝から晴天でしたが、それほど暑くもなく、日中も爽やかだった記憶があります。

 

3.モハ25 (灰方~燕:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213424j:plain

 天気が良いと、思わず連写してしまいます。季節を変えて撮ると四季の趣きを感じますが、同じような写真がどんどん増えていきます。

 

4.モハ12 (灰方~燕:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213451j:plain

稲穂のグラデーションがいい感じです。

本当はこの区間で 、季節を変えて3連を撮影したかったのですが、3連は平日の朝しか走らず、新潟に住んでいないとなかなか難しいです。

 

5.モハ12 (灰方~燕:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213521j:plain

この頃の新潟交通は、まだ列車本数も多く、廃止など考えられませんでした。

この1988年4月時点の時刻表では、燕~六分間は日中の区間運転が一部復活して、列車本数が事実増えました。列車を増やせば利用客も増えるだろうという発想のようです。しかしながら実態は赤字で、こののどかな路線はやはりガラガラです。単行にもかかわらず、どの電車も空気を運んでいる感じでした。

 

6.モハ12 (灰方~燕:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213545j:plain

この頃の地方鉄道を見ると、そろそろ老朽化した車両や設備の更新のため、大手私鉄から中古車を導入して、新装開店する動きがあちらこちらで見られました。新潟交通の場合、DC1500Vであり、カルダン車のデハ2330形導入実績もあるので、そろそろ何かが起きるのではないかと思っていました。

 

7.モハ14 (燕~灰方:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200117213917j:plain

 ところが、この翌年には白山前~東関屋間と月潟~燕間の廃止が表明されました。白山前~東関屋間は軌道区間であり、沿線住民も廃止に反対することもなく1992年に廃止となりますが、月潟~燕間は廃止反対により1993年7月末日まで廃止が延びました。

第458話 1989年JR(鶴見):工場地帯のチャバネゴキブリ(その4)

鶴見線は撮影場所がほとんどありませんが、相対式ホームの国道駅では比較的撮影がしやすかったです。

 

1.クモハ12052 (国道~鶴見小野:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215412j:plain

 国道駅鶴見小野寄りには、鶴見川を渡る橋梁があり、かつては鶴見線の旧国が撮影できる場所でしたが、この橋梁に側壁が追加施工されてしまい、橋の外から撮影ができなくなりました。よって、現在この場所で撮影するには、ご覧の様に国道駅のホームから正面がちな写真しか撮れません。

 

2.クモハ12052 (国道:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215437j:plain

 この写真も国道駅です。国道駅はカーブしているので、こんな写真が撮れました。クモハ12形は元々片運車だったモハ11形を両運化して出来た車両です。このため、2両いたクモハ12形は共に鶴見寄りの妻面はオリジナルの非貫通3枚窓ですが、反対の妻面は連妻を改造した貫通扉付きでした。しかも、貫通扉は元からあったものを流用したため、引き戸でした。貫通側は雨樋のアーチがなく、幌枠が付き窓も小さいので独特の武骨な表情をしていました。

ところで、この国道駅ですが、当時はまだガード下の飲み屋街が盛業中で賑やかでした。現在は飲み屋街もなくなってしまい、非常に殺伐とした廃墟のような無人駅になってしまいました。しかし、鶴見線の前身である、鶴見臨港鉄道の貴重な遺構であり、必見です。

 

3.101系3連 (浅野:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215459j:plain

 土日の日中はクモハ12形の単行が走る海芝浦支線でしたが、夕方になると東芝に勤める方々の帰宅に合わせて101系が入線しました。水色の行き先表示が海芝浦行きの目印でした。

 

4.クモハ12052 (浅野~安善:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215638j:plain

 撮影場所を探しているうちに運河の舟溜まりの桟橋が目に留まり、そこから撮った写真です。線路との境界に金網が張られていましたが、なんとか様になりました。現在、運河沿いの空き地は立ち入り禁止になっていると思いますので、むやみに立ち入らないで下さい。

 

5.クモハ12052 (浅野~安善:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215616j:plain

 さて、ここでクモハ12形(注1)の車歴について少々。

クモハ12形は元々は鉄道省時代の通勤電車である31系電車のモハ31形です。モハ31形は、モハ30形、33形、50形などと共にモハ11形に統合されましたが、この内、モハ31形を前身とする車両はモハ11形200番代となり、さらに両運化された車両がモハ12形となりました。

当初、モハ12形は宇部・小野田・可部線の単行用として、9両改造されましたが、その後鶴見線用に6両が追加改造され、これがクモハ12形50番代となり、52と53の2両だけがJRになってからも鶴見線に残りました。

 

6.クモハ12052 (浅野~新芝浦:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215525j:plain

 (注1)鶴見線クモハ12形50番代の車歴

JR東日本クモハ12052←国鉄クモハ12052←国鉄モハ12052←国鉄モハ11210←国鉄モハ31018:1929年川崎車輌

JR東日本クモハ12053←国鉄クモハ12053←国鉄モハ12053←国鉄モハ11256←国鉄モハ31088:1931年川崎車輌

 

鶴見線クモハ12形は1996年頃まで運用されました。ちょうど私は仕事の関係で、1989年~1992年頃まで横浜に住むことになり、この後も時々鶴見線を訪れてチャバネゴキブリを追い掛けました。

第457話 1989年JR(鶴見):工場地帯のチャバネゴキブリ(その3)

この頃の土日の鶴見線は、クモハ12形の単行が日中、鶴見から大川と海芝浦に交互に往復する運用でした。

茶色いクモハ12形は、まさにチャバネゴキブリのごとく、ごちゃごちゃした工場地帯を走り回っていました。

 

1.クモハ12052 (安善:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215037j:plain

 よって、鶴見~浅野間では結構クモハ12を見る機会がありました。ところが鶴見~浅野間はまともな撮影場所がなく、ほとんど撮影をしていません。せいぜい国道駅か浅野駅で撮ったくらいです。

 

2.クモハ12052 (武蔵白石~大川:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215058j:plain

 この写真は大川支線です。大川支線は、武蔵白石~大川間の一駅間の支線で、路線距離もわずか1kmしかありません。こんな盲腸線に旅客列車が走っているのも不思議ですが、この路線は貨物輸送も行っていました。写真の背景に写る大手小麦粉メーカーが主な貨物の顧客だった様ですが、現在は貨物輸送が廃止されてしまい、この路線の存在はますます不思議です。

 

3.クモハ12052 (武蔵白石~大川:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215116j:plain

クモハ12形の存在目的はこの1駅間を往復するためでした。当時は、この路線に大型の20m車である101系が入線できなかったので、この1駅間のためにクモハ12形は生き延びていました。

ところで、この大川支線も本当に撮影場所に悩みました。まともに沿線で撮影すると、こんな写真くらいしか撮れません。この鉄橋は大川駅の手前にある運河を渡るものですが、ガーダーには戦時中の弾痕が残る痛ましい鉄橋です。

この鉄橋は現存しますが、渡る電車は今や205系です。

 

4.クモハ12052 (新芝浦:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215142j:plain

 一方、海芝浦支線はどうかと言えば、こちらも似たようなものです。この写真は鶴見行の電車が単線区間から複線区間となる新芝浦駅に到着するところです。

 

5.クモハ12052 (浅野~新芝浦:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215225j:plain

 浅野~新芝浦間も運河沿いを走りますが、沿道からいろいろ試しましたがこの程度です。結局鶴見線沿線は、どこも同じで撮影場所がほとんどありません。

 

6.クモハ12053 (海芝浦:1989年1月)

f:id:kk-kiyo:20200112214803j:plain

 海芝浦での折返し時間にクモハ12053の車内を撮っていました。木製の室内、ほのかに漂う床油の臭い、スタンションポール、白熱灯の球形グローブ、本物の網棚などなど、なぜか弘南鉄道大鰐線を思い出しました。

第456話 1989年JR(鶴見):工場地帯のチャバネゴキブリ(その2)

鶴見線の撮影ポイント探しは大変でした。なにしろ工場の間を通っているので、線路に近づける場所が少なく、運河が行くてを阻みます。

 

1.クモハ12052 (安善~浅野:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112214705j:plain

 さんざん歩いて苦労の末の写真がこれです。ここは浅野~安善間のにある運河に掛かる鉄橋ですが、鶴見線の鉄橋はこの様に上路ガーダータイプが多く、足回りが見えません。

 

2.クモハ12052 (新芝浦~海芝浦:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112214746j:plain

 この写真は、京浜運河沿いの有名な撮影ポイントです。新芝浦駅のホームから撮ったものですが、電車の走っている場所は、東芝の工場内なので、この先は立ち入ることはできません。線路は複線のように見えますが、複線区間はこの新芝浦までで、この先は左側の線路のみの単線区間となり、右側の線路は東芝構内に続く側線です。

 

3.101系3連 (浅野~安善:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112215251j:plain

  ところで、当時の鶴見線の主力は、この黄色い101系でした。まだ103系ではありません。101系も首都圏ではもう鶴見線くらいしか走っていませんでした。

 

4.101系3連 (浅野:1989年1月)

f:id:kk-kiyo:20200112214828j:plain

鶴見線の101系は3両編成でした。それでも日中はガラガラで、休日にいたっては運休にしても良い程の輸送需要です。よって、クモハ12形の単行が大活躍となりました。

 

5.101系3連 (浅野~安善:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112214853j:plain

いつの間にか、鶴見線の101系の話題になってしまいました。

茶色い電車は本数が非常に少ないので、気が付けばどうでもよい101系の写真も結構撮っていました。撮影ポイントのロケハン時に、確認のためこんな試し撮りをしていました。非冷房の101系は今となっては懐かしい写真となりました。

 

6.101系3連 (安善~浅野:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112214921j:plain

 この写真も試し撮りです。当時は適当に撮っていたので、車両の番号も控えていませんでしたが、年月が経てば立派な記録写真です。その後、ここを走る電車は103系となり、現在は205系になっています。

第455話 1989年JR(鶴見):工場地帯のチャバネゴキブリ

毎度のフレーズですが、「私は国鉄の車両にはほとんど興味がありません」でした。しかし、こんな旧国の写真を撮っていました。

私より若い年代の方は、こんな茶色い電車がかつて山手線や京浜東北線など首都圏を走っていたことをご存知ないかと思いますが、ちょうど前の東京オリンピックの頃でしょうか、茶色いゲタ電はカラフルな国電に代わる頃でした。

ところで、私にとっての茶色い電車は、かつて住んでいた広島の可部線にいたクモハ11形、12形、クハ16形です。可部線には1976年まで17m級の茶色い電車がいました。しかし、国電に興味がなかったことと、灯台下暗しとでも言いましょうか、1枚も写真を撮っておらず、残念な思いしかありませんでした。

ところが、可部線で撮らず仕舞いだったクモハ12形が、平成のバブル期にまだ走っていました。しかもすぐ近くのJR鶴見線に!!

鶴見線が果たしてローカル線と言えるかどうかは別にして、今回は茶色いクモハ12形を追い掛けた、1989年の鶴見線の話題です。

 

1.クモハ12053 (浅野:1989年1月)

f:id:kk-kiyo:20200112213841j:plain

 正直申しまして、鶴見線クモハ12は動態保存的なイベント目的で残していたのかと思っていたので、全く関心がなかったわけですが、実態は武蔵白石駅の建築限界の都合で、20m車の大川支線への入線が困難だったことが理由でした。よって、鶴見線から旧国が消えた以降も、大川支線用に17m車のクモハ12形が残されたと言うことで、ヤラセでもなんでもありませんでした。

 

2.クモハ12053 (浅野~新芝浦:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112213957j:plain

 そんな理由を知って、初めて鶴見線を訪れたのは、1989年1月のある土曜日でした。

それまで鶴見線の存在は知っていましたが、土曜日の鶴見線が超ローカルである実態を初めて知り愕然としました。と言うのは、JTBなどの時刻表では首都圏の国電の時刻表があまりにもラフすぎて、鶴見線に関しては運行実態がさっぱりわからず、適当に走っているのだろうと現地に行くまで思っていましたが、実際は、平日の日中ですら本数が少ないのに加えて、土日ダイヤはストライキでもやっているかの様な開店休業的ダイヤだったからです。そう言えば、工業地帯を走る鉄道はどこも同じです。かつて水島臨海鉄道や岡山臨港鉄道で学習していたことをすっかり忘れていました。

 

3.JTB時刻表1986年1月号の抜粋

f:id:kk-kiyo:20200126154147p:plain

ご参考までに当時のJTB時刻表から鶴見線の部分を抜粋しました。現在も同様ですが、鶴見線の時刻表はこの程度で、肝心な日中の時刻が全くわかりません。左の欄外に、「鶴見線は休日には多少時刻の変更があります。」と、記載されていますが、「多少」どころではありません。 

 

4.新芝浦駅ホーム (新芝浦:1989年1月)

f:id:kk-kiyo:20200112214014j:plain

 ところで、事前情報によると、土日もクモハ12形は走り、運用の都合で日中は海芝浦にも顔を出すとのことでした。これを効率よく撮影するには、あの手しかありません。

それは、「 禁断の路線バス」です。

 

5.クモハ12053 (新芝浦~浅野:1989年1月)

f:id:kk-kiyo:20200112214050j:plain

 路線バスを調べてみると、これが大正解!!

なんと横浜市営バス臨港バスが土日も頻繁に鶴見線沿線を走っていました。しかもレアな系統も時間を調べておけば、クモハ12形の撮影にドンピシャ!!これを利用するに他ありません。そんなわけで、休日の楽しみが増えました。

 

6.クモハ12053 (浅野:1989年1月)

f:id:kk-kiyo:20200112214134j:plain

 そして、初めて目の前に現れた鶴見線クモハ12形は、可部線のような前面の警戒塗装もなく、真っ茶色でしかも単行!!チョロチョロ走る様子は、まるでチャバネゴキブリのごときでした。

 

7.クモハ12052 (安善:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112214225j:plain

 しかし鶴見線には、まともな撮影場所がありません。これには参りました。

まずは、安善駅周辺です。とりあえず安善駅のまわりはかつての引き込み線の名残りでヤードになっており、比較的開けていました。ここなら何とか撮れるだろうと、狙ったのがこの写真です。幸い障害物はなく、前方からチャバネゴキブリが現れました。

 

8.クモハ12052 (安善:1989年4月)

f:id:kk-kiyo:20200112220038j:plain

 この頃、鶴見線にはクモハ12形が2両いました。クモハ12052と12053です。この2両が交互に運行されていました。

第454話 1988年茨城交通:夏の陣を垣間見る

1988年夏、この年も茨交の夏の陣を見に行きました。

この日は、午前中に阿字ヶ浦で少々海水浴を楽しみ、午後から帰り客を運ぶ列車を撮影しました。

 

1.キハ2000形とキハ22形の4連 (金上~中根:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200112212223j:plain

 さすがにかき入れ時だけあって、帰りも4連が運行されていました。この4連はすべて道産子のキハ22形モドキで編成されており、アメリカン塗装はさておき、それなりの編成美でした。

 

2.キハ2000形とキハ22形の4連 (金上~中根:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200112212240j:plain

4連は多くの海水浴客を運んでいました。この頃はまだまだ海水浴が夏のメジャーなレジャーでした。阿字ヶ浦は、東京に住んでいるとあまり馴染みのない海水浴場でしたが、江ノ島あたりの芋洗い状況ではなく、結構穴場でした。しかもこの頃は上野から海水浴の臨時列車まであり、少々遠いですが、房総や伊豆に行くことを思えば同じです。

 

3.JRキハ58形とキハ1103の4連 (金上~中根:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200506075446j:plain

 続いてJRからの乗り入れ列車です。今年も定期スジの運用なので、有難いことに旧塗装のキハ1103がぶら下がっていました。

 

4.JRキハ58形とキハ1103の4連 (金上~中根:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200112212318j:plain

この頃JR気動車の私鉄乗り入れも貴重になってきましたが、この茨交への海水浴列車は1993年頃まで続いたそうです。

 

5.キハ1103 (金上~中根:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200112212140j:plain

 JRの直通列車と別れたキハ1103は、単行で戻ってきました。この車両の単独走行をまともに撮影できたのはこれが初めてです。キハ1103は、北海道の留萌鉄道からやって来た、新潟鐵工所製の湘南顔気動車ですが、鹿島鉄道の湘南顔気動車とは異なる独特の雰囲気の車両でした。

 

6.キハ2000形、キハ22形、キハ11形の5連 (金上~中根:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200506075536j:plain

 帰りのラッシュが始まったのか、とうとう5連の登場です。最後尾にぶら下がる旧塗装のキハ11形がご愛嬌です。こういう普段は見ない豪快な列車を見ると元気になれます。しかし天気が怪しくなってきました。

 

7.キハ1103、キハ11形、キハ22形の4連 (金上~中根:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200506075604j:plain

続いてやって来た4連は、うれしい旧塗装でキハ1103が先頭でしたが、もう天気が限界で、一雨降りそうです。 

 

8.キハ22形、キハ11形、キハ1103の4連 (金上~中根:1988年8月)

f:id:kk-kiyo:20200506075632j:plain

 この4連を撮って撤収です。

その後も茨交の「夏の陣」はしばらく続きましたが、私が撮影した「夏の陣」はこれが最後でした。そして、海水浴客は減少の一途をたどり、JRからの乗り入れも1994年以降はなくなってしまいました。