ローカル線の回顧録

1970年代後半から2000年頃までのローカル線の記録

第1147話 1994年岡山臨港:山陽路保存車の落穂拾い(その2)

岡山臨港鉄道は、1984年に国鉄の貨物合理化の犠牲で廃止されました。私が最後に訪問したのは高校生時代の1980年でした。今回は、廃止10年後の保存車の様子ですが、時間がなかったので気動車の確認はできず、機関車だけの報告です。

 

1.DC102(保存) (岡山臨港鉄道本社臨港元町:1994年3月) 

さて、情報によれば元機関区のあった南岡山付近にDC102が保存されているとのことで、まずは南岡山へ・・・。しかし鉄道廃止後は、どうやって南岡山まで行けば良いのか全くわからず、岡山駅前のバスターミナルの案内所に駆け込みました。案内所では多くのバスが走っていることがわかりました。これでは岡山臨港鉄道が旅客鉄道として存続しなかったわけが納得です。

 

2.1.DC102(保存) (岡山臨港鉄道本社臨港元町:1994年3月)

早速、バスに乗り南岡山を目指しました。案内所で教えてもらった臨港元町バス停で下車すると目の前に機関車が・・・・。

 

3.1.DC102(保存) (岡山臨港鉄道本社臨港元町:1994年3月)

保存車はDC102(注1)でした。DC102は現役時代には、庫内に押し込まれていたため撮影できなかった機関車の内の1両でした。廃止後10年も経ってから撮影できたとは、複雑な心境でした。

 

4.1.DC102(保存) (岡山臨港鉄道本社臨港元町:1994年3月)

岡山臨港鉄道は路線廃止後も社名を変えることなく、物流倉庫や不動産会社として現存しています。元南岡山機関区の近くにある、その会社の本社前に保存車はありました。そして、この保存車のすぐ横は道路化されたかつての路線跡でした。

 

5.1.DC102(保存) (岡山臨港鉄道本社臨港元町:1994年3月)

(注1)DC102の車歴

・岡臨DC102:1952年汽車会社製

DC102は専用線時代からのSL無煙化のため導入されたDC101の増備車でした。L型20t機でジャック軸付きのロッド駆動ですがトルコン車です。導入当初から社線内の貨物輸送専用でしたが、後にDD13クラスの55t級DLが導入されると入換機に転じました。

 

6.1.DC102(保存) (岡山臨港鉄道本社臨港元町:1994年3月)

岡山臨港鉄道が自社で保存したのは、このDC102だけでした。同僚の20t機であるDC101は路線廃止直前に廃車となり、同じく同僚のDC103は廃止時に他社へ引き取られ、55t機2両は水島臨海鉄道へ譲渡されました。そして、気になる気動車はキハ1003が廃止直前に紀州鉄道へ移籍し、その他は何らかの引き取り先に譲渡されましたが、ことごとく解体されて、最後まで残ったキハ7003はどうなったのか?せめてこの当時に保存気動車を見ておけば良かったと、今さら後悔しています。

第1146話 1995,97年別府:山陽路保存車の落穂拾い

1990年代は、片上鉄道や下津井電鉄が廃止され、山陽路のローカル私鉄は実質消滅しました。その後は撮影の対象がなくなってしまいましたが、数少ない保存車を求めて彷徨は続きました。すでに、一部の保存車についてお伝えしていますが、今回は未公開の画像をまとめてみました。

 

1.キハ2(保存車) (元円長寺駅跡:1995年8月)

先ずは別府鉄道です。別府鉄道の保存車両は、すでに第797話第798話でもお伝えしましたが、播磨郷土資料館に保存されたDC302とハフ5以外の、地元で保存されたキハ2とキハ101のその後はヤバイ状況になっていました。

 

2.キハ2(保存車) (元円長寺駅跡:1995年8月)

写真は円長寺駅跡の公園に地元の集会所として活用されたキハ2です。第798話では、1990年当時の保存整備直後の様子をお伝えしましたが、あれから5年後の状況がこの写真です。

 

3.キハ2(保存車) (元円長寺駅跡:1995年8月)

塗装を塗り替えたのか、本来のピンク色に近い色合いになっていましたが、屋根材が剥がれて哀れな状態です。誰かの悪戯なのか、ドアが開けられて窓ガラスも一部割られていました。

 

4.キハ2(保存車) (元円長寺駅跡:1995年8月)

この車両は地元の集会所を兼ねていたので、いずれ修理されるだろうと思いましたが、結局このまま朽ち果てる寸前まで放置されてしまい、あわや解体かと諦めていましたが、幸い「旧別府鉄道キハ2号を守る会」によって修復が進められています。しかし、廃線から40年になりますが、車両の保存は本当に大変です。保存団体の方々には頭が下がります。

 

5.キハ101(保存車) (別府町中島公園:1997年12月)

こちらは、もう1両地元で保存されたキハ101です。こちらもかなり痛みが進んでいました。やはり窓が割られて車内も荒らされていました。この時点で廃止から13年経ち、公園で遊ぶ子供たちには、乗ったこともないこの車両が何のためにここにあるのか、そんなことはどうでも良いことです。

 

6.キハ101(保存車) (別府町中島公園:1997年12月)

路線廃止後は、よく地元の公園などで車両が保存展示されますが、私が思うに、もっとも信頼性のない保存パターンです。たいていは露天保存であり、定期的な整備費用など予算化もされないまま朽ちてしまうケースが常です。時が経てば、記憶や思い入れが薄れ、ましてや他所から来た車両などどうでも良くなってしまうわけです。

 

7.キハ101(保存車) (別府町中島公園:1997年12月)

片上からやって来たこのキハ101もご多聞に漏れず、全く同じ轍を踏んでしまい、まもなく消滅しました。せっかく保存されましたが哀れな最後です。

第1145話 1995年茨城交通:引っ越しの日の気動車三昧(その4)

那珂湊機関区には、恐らく新車が導入されたら廃車になるだろうキハ11形が、ちょうど日なたに出ていましたので、塗装のことは目を瞑って、真面目に撮影しました。

 

1.キハ112 (那珂湊:1995年5月)

キハ11形と言えば、液体式気動車量産化となった記念すべき国鉄キハ10系一族です。思えば、この系列からDMH17の羽交い絞めが延々と続いたわけですが、いよいよ直噴式DMF13HZの新車に追いやられる時が間近となりました。

 

2.キハ112 (那珂湊:1995年5月)

この車両を改めて見ると、前面貫通型、バス窓やプレス鋼板台車など、デビュー当時は旧態然としたキハ42000系から脱却した、無煙化の新しい時代を担う気動車だったことが伺えます。ちなみに、このキハ112はその後記念物として鉄道博物館に殿堂入りし、現在も川越線の車窓からただで見ることが出来ます。

 

3.キハ112 (那珂湊:1995年5月)

この時は、もうこれが見納めになるだろうと、真面目にいっぱい写真を撮りました。ところが、その後キハ11形は「撮り鉄」相手のイベントに活路が開かれ、国鉄気動車の旧塗装に塗り替えられて廃車どころか、まだまだ一稼ぎも二稼ぎもすることになります。少なくとも、この時はそんな事になるとは全く思っていませんでした。

 

4.ケハ601(廃車),キハ1103(廃車) (那珂湊:1995年5月)

そして、最後は茨交の湘南コンビです。とは言っても、すでに2両とも廃車留置です。いつまでこの状態が続くのか?

 

5.ケハ601(廃車) (那珂湊:1995年5月)

ケハ601は1992年5月の廃車なので、廃車になってからちょうど3年が経ちました。車体は錆びないステンレスなのでいつまでも現役車両以上にピカピカです。

 

6.キハ1103(廃車) (那珂湊:1995年5月)

キハ1103は1991年3月の廃車なので、もう4年もこのままです。さすがに外板は痛みがひどくなっていました。

 

7.那珂湊機関区全景 (那珂湊:1995年5月)

さて、この日は私の引っ越し日でした。翌日から大阪の生活が始まりますが、そうなると那珂湊へは簡単に出向けなくなります。次回の訪問はいつになるのか?キハ11も湘南気動車もこれが見納めになるのか?少々心残りでしたが、私は大阪が大好きなので、それからがお楽しみでした。

第1144話 1995年茨城交通:引っ越しの日の気動車三昧(その3)

夕方になり光線状態もソフトになってきましたが、風は収まらず田圃の水面は波打って、なかなか鏡の様にはなりません。

 

1.キハ221+キハ222 (金上~中根:1995年5月)

この日の運用列車は、キハ221+キハ223とキハ202+キハ222の2列車に落ち着きました。キハ11形とキハ20形はワンマン化されていないので、日中は2連でも走らない限りほとんど見られません。この日は2連の運用だったので、特にキハ11形の走りに期待しましたが、どうも走らない様です。

 

2.キハ221+キハ222 (金上~中根:1995年5月)

ところで、キハ22形と言えば本家JRのキハ22形はこの頃どうなっていたのか、当時は気にも留めませんでしたが、今頃になった確認したところ、JR北海道のキハ22もほんの一部6両だけがワンマン化されてキハ22形700番台になっていました。しかし、1995年当時残っていたのはたった3両だけで、1995年9月までに全車廃車となりました。

 

3.キハ202+キハ223 (金上~中根:1995年5月)

結局、1995年以降残った本物のキハ22形は私鉄に天下った車両ばかりとなりましたが、ちなみに下記の状況でした。

下北交通キハ85形3両:2001年4月1日に路線廃止により全廃。(全車動態保存で現存)

津軽鉄道キハ22形3両:2000~2007年全廃。

弘南鉄道キハ22形3両:1995年7月に2両廃車。1998年4月1日に路線廃止により全廃。

 

4.キハ202+キハ223 (金上~中根:1995年5月)

もう同じ列車をさんざん撮ったので、明るいうちに那珂湊へ留置車両の撮影に向かいました。

 

5.キハ201、キハ112他 (那珂湊:1995年5月)

ここは那珂湊機関区です。もう夕方なので車両に影が被りそうですが、ギリギリセーフです。さて、留置車両ですがやはり、キハ11形、キハ20形は昼寝していました。

 

6.キハ201他 (那珂湊:1995年5月)

この日運用されていたキハ202以外のキハ20系は、朝のラッシュ用に編成を組んでいましたが、休日は暇そうでした。

 

7.キハ112 (那珂湊:1995年5月)

すでにキハ11形は予備車的な存在でした。新車が導入されれば恐らく廃車になると思われました。しかし、実態はそうではありませんでした。

第1143話 1995年茨城交通:引っ越しの日の気動車三昧(その2)

麦畑の次は田園地帯です。この時期の中根周辺は、田植えが終わって一面が鏡の様な水田なのですが、この日は風が強く、水面が波立っており、鏡ではありません。しかし、この時期に相応しい景観でした。

 

1.キハ202+キハ223 (金上~中根:1995年5月)

この日はどの列車も2連なので撮り甲斐がありました。天気も良く申し分ありませんが、ただ一つ欲を言えば、この塗装を何とかして欲しい!!

 

2.キハ202+キハ223 (金上~中根:1995年5月)

私が湊線の沿線撮影を初めて行ったのは1985年の5月(第35話)でした。たしか、その時もこの付近で撮影しましたが、風が強くて水田は波打っていました。あれから何度も撮影を繰り返し、ちょうど10年が経過していましたが、周りの景色は全く変わっていません。変わったのは一部の車両と車体塗装くらいですが、この塗装変更は一番インパクトが大きく、加えてショックでした。

 

3.キハ221+キハ222 (金上~中根:1995年5月)

旋回窓がやって来ました。この列車は先程まで元羽幌と元留萌のコンビでしたが、いつの間にか、元羽幌同士のコンビになっていました。しかし、見た目は変わりません。

 

4.キハ221+キハ222 (金上~中根:1995年5月)

キハ2000形に続き、このキハ22形は1994年にキハ222とキハ223がワンマン化されましたが、なぜかキハ221はワンマン化されないままでした。結局キハ221は1996年に廃車されました。

 

5.キハ221+キハ222 (金上~中根:1995年5月)

田植えは終わった様ですが、農作業はこれからが忙しくなる様です。畦道には軽トラが何台も乗り入れていました。軽トラはどんどんモデルチェンジされますが、気動車は昭和40年代から時間が止まっていました。

 

6.キハ221+キハ222 (金上~中根:1995年5月)

しかし、この秋には新車が入ります。翌年のこの頃には、間違いなくこの風景の中をNDCが走っているはずです。そして、何よりも引退する車両がとても気になりました。

第1142話 1995年茨城交通:引っ越しの日の気動車三昧

1995年の春。突然大阪へ転勤することになり、貴重なGWが引っ越しで潰れてしまいました。しかし、荷物を送り出した日に、悪あがきと言いましょうか、茨交で気動車三昧しました。

 

1.キハ221+キハ2004 (磯崎~平磯:1995年5月)

なぜ茨交へ出向いたのか、その真相はまもなく新車が入るからです。まだオフレコでしたが、新車はすでに製造段階でした。その新車は皆さんご存知のキハ3710です。何とも平凡なNDCですが、まずはお試しの1両ポッキリでした。しかし、新車が入れば廃車が出るはずです。おそらく、キハ11形か?・・・

 

2.キハ221+キハ2004 (磯崎~平磯:1995年5月)

まあ、何はともあれ、この日はリッチに「スーパーひたち」に乗って、いざ茨交へ!!。 やはり特急は速く、昼過ぎには磯崎に着きました。この日は快晴でした。5月なので日差しがが強く、白装束が眩しくてちゃんと撮れているのか心配でした。

 

3.キハ202+キハ223 (磯崎~平磯:1995年5月)

ここはいつもの撮影ポイントです。この時期は麦畑になっていましたが、列車の足回りが隠れてしまうほどです。そろそろ刈入れ時期ですが、少し早かった様です。

 

4.キハ202+キハ223 (磯崎~平磯:1995年5月)

まだ海水浴には早すぎますが、GWなので列車は2連で運行されていました。しかし、湊線の沿線には、これと言った名所もないのに終日2連と言うことは、それなりに旅客需要があったと言うことです。

 

5.キハ221+キハ2004 (磯崎~平磯:1995年5月)

これは北海道コンビです。国鉄キハ22形モドキの酷寒地仕様車ですが、ワンマン化のため既にデッキは撤去されていました。少しづつですが車両は進化していました。

 

6.キハ202+キハ223 (磯崎~平磯:1995年5月)

この場所は終日撮影できる場所ですが、この時期は中根の田園地帯も田植えが終わって良い感じになっている頃なので、夕方はそちらに移動です。

第1141話 1995年筑豊界隈:残っていたセメント輸送(その3)

モーターカーの入換作業を見ていたらNo6がすぐに戻って来ました。戻りは単機回送です。金田まで所要15分程です。貨車の受け渡しを含めても往復1時間もかかりません。モーターカーは慌てて撤退です。

 

1.No6 (田川事業所:1995年8月)

ここで、当時の保有機関車の車歴を記します。

・金見No3:1969年日立製作所

・金見No4:1976年日立製作所

・金見No5←国鉄DE10541:1968年川崎重工

・金見No6←国鉄DE101578:1973年日本車輌

この他にも、入換用のDLが何台か在籍していた様です。

 

2.No6 (田川事業所:1995年8月)

その後、金見専用鉄道は親会社である三井鉱山のセメント事業撤退により、田川事業所は鉱山も含めて麻生セメントに買収されました。しかし、金見専用鉄道は買ってもらえず、2004年に廃止となりました。大変残念です。

 

3.ヤワW1-5(保存車) (東谷工場:1995年8月)

さて、この頃の筑豊地方には日本セメント香春工場や三菱鉱業セメント東谷工場などの専用線が存在しました。続いては、三菱鉱業セメント東谷工場です。こちらは日田彦山線石原町駅から分岐する専用線がありました。途中、住友セメント小倉工場にも分岐していましたが、この時点では線路はあるものの車両は見当たらず、営業していたのか不明でした。

 

4.ヤワW1-5(保存車) (東谷工場:1995年8月)

しかし、並行する日田彦山線の車窓からDLらしきモノを発見したので、最寄りの呼野で下車して三菱鉱業セメント東谷工場へ向かいました。そのDLらしきモノは、正しくDLでしたが、写真の保存車でした。

 

5.ヤワW1-5(保存車) (東谷工場:1995年8月)

ロッド駆動のキュートなDLでした。このDLは、東谷工場で入換機として活躍した日通八幡所有車の25t機(注1)でした。岩堀春夫さんの「鉄道番外録1」によると、同型車がもう1両あったそうですが、この専用線はこの時点ですでに使用されていなかった様で、他に車両は見当たりませんでした。

(注1)東谷工場25t機の車歴

・ヤワW1-5(日通八幡所有車):1958年三菱重工

 

6.ヤワW1-5(保存車) (東谷工場:1995年8月)

本当は、もっとゆっくりと専用線の調査をしたかったのですが時間がなく、日本セメント香春工場へは行けませんでした。そして、何よりも筑豊は遠く、これが最後の専用線巡りとなりました。