ローカル線の回顧録

1970年代後半から2000年頃までのローカル線の記録

第938話 海外編:いきなりシンガポール(その2)

続いてシンガポールのMRTです。ところで、この出張にはカメラを持参していませんでした。今回投稿した写真は、実はシンガポールのコンビニで購入した「写ルンです」で撮影したものです。多少ピントが甘いのはご愛嬌ですが、案外綺麗に撮れていました。たいしたものです。

 

1.東西線C-151形 (Jurog East:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918165951j:plain

ここは、東西線と枝線が分岐するJurog East(ジュロン・イースト)です。芸術的立体交差です。高層住宅の階段から「写ルンです」で撮影しましたが、ちゃんと撮れてます。

 

2.東西線C-151形 (Jurog East:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918170037j:plain

しかしながら、シンガポールは整然とした国です。面積が小さいので、しっかり統制が出来ているのかも知れませんが、大変住み良い国です。この当時ですら、かなり先進的でしたが、今はアメリカと北朝鮮のトップ会談が開催できるほどの、もっと立派な国になっています。

 

3.東西線C-151形 (Jurog East:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918170202j:plain

さて、電車の話しに戻りますが、このC-151形は日本製なので臓物も馴染のあるメーカー品でした。製造は1986年頃で主制御装置は懐かしい4Qチョッパでした。その頃営団地下鉄銀座線01形や横浜新都市交通1000形等にも採用されたチョッパの総集編的主制御装置でしたが、現在はVVVFに換装されたようです。

 

4.東西線C-151形 (Jurog East:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918170253j:plain

そして、シンガポールと言えば、最近では自動車の自動運転の取り組みが世界でもトップクラスですが、鉄道の自動運転においてもMRTはすべて自動運転で建設されました。ところが、現在ではもう当たり前のATOですが、シンガポールでは最近異変が・・・。数年前からMRT全線で無人運転をやめて運転手が乗務するようになりました。なぜなのか?どうも自動運転の信頼性よりも、トラブル発生時の速やかな対応を優先した様です。

 

5.東西線C-151形 (Jurog East:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918170313j:plain

自動車と鉄道の自動運転の決定的な違いは、運行管理にあると思います。例えば、自動車の場合は、車両単位で独立した自動運転であり、故障してもその車両を排除してしまえば終わりですが、鉄道の場合は信号システムや運行システムが絡み、システム全体で運行を見合わす必要があります。故障車の排除も軌道系であるがゆえに簡単ではありません。しかし、運転手が乗っていれば、保安装置を解除してマニュアル運転が可能であれば、復旧時間の短縮が図れます。

 

6.東西線C-151形 (Jurog East:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918170333j:plain

最近の鉄道車両は自動運転に加えて列車の車載機器を統括管理及び制御する装置の搭載が主流になってきましたが、この装置は「優れモノ」ですが故障すると厄介です。故障の仕方によっては、運転手も安易に手を出せないケースもあり得ます。列車を自動で走らす技術はもうとっくの昔に確立されていますが、故障時の対応は永遠のテーマの様です。

話が脱線しましたが、C-151形は製造から37年になりますが、まだ使用されるようです。

第937話 海外編:いきなりシンガポール

今回は、国内の話題ではなく、ローカル線でもありません。当ブログの掟破りですが、海外ネタなので、「海外編」と言う新しいジャンルを設けました。海外アレルギーの方はごめんなさい。

正直、番外編なのですが、スキャンデータを眺めていて目に留まったのが断片的なマレー鉄道の画像でした。これは私が若い頃に仕事で関わった海外案件で、シンガポールへ出張した際に撮影したものでした。この出張は非常に過酷な出張だったので、思い出したくもないのが本音ですが、これも人生の備忘録として、話題に挙げさせて頂きます。

 

1.シンガポールの地図(1995年頃、MRT記載あり)

f:id:kk-kiyo:20210918165319j:plain

もう28年前の1995年のことでした。突然新規案件のプロポーザル対応でシンガポールに出張することになり、先発隊の待つオフィスへ・・・。早朝の日暮里駅からスカイライナーに乗り、成田空港から7時間のフライトで、チャンギ空港に着いのはもう夕方でした。この日はこれで終わりかと思ってホテルにチェックインしたら、すぐにオフィスに来いとのことで、出向いた先は、シンガポールの新しい都市鉄道であるMRT(Mass Rapid Transit)のBishan(ビシャン)と言う所でした。

 

2.南北線C151形 (Bishan:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918165436j:plain

「飛んで火に入る夏の虫」とは、私のことでした。オフィスに到着した途端、渡されたのは厚さが10cm程あるTender documentoのコピー。当時は現在の様にネット社会ではなかったので、自動翻訳などあるはずもなく、持参した英和辞典でコツコツと夜中の2時まで・・・。翌朝はオフィスに8時集合!!。1週間と言われて来たのに、気が付けば休みもなく、こんな毎日が2週間続きました。いい加減、心が折れそうでしたが、唯一のお楽しみは、昼休みのコンビニ巡りでした。シンガポールは中国系の華僑の国ですが、意外と多国籍で、コンビニへ行くと、中国や東南アジアの得体の知れないものが豊富で、よく見ると日本製を偽る紛いメーカーの駄菓子等々、全く飽きません。そして毎朝食べていた屋台ラーメンが結構うまい。値段も安くS$2、当時の日本円にして1杯120円程でした。しかし、この2週間は全ての欲を断ち、ある種の悟りを開いた境地でしたが、平均睡眠3~4時間。いい加減睡眠不足でくたばってしまいそうでした。

 

3.南北線C151形 (Bishan:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918165507j:plain

まあ、愚痴はこのくらいにして、2週間経ったある日、突然プロジェクト・マネージャーから「今日は入札なので15時頃まで自由にして良い」との、仏の一言があり、奮起して街歩きに出かけました。しかし、「15時頃まで」とは、かなり中途半端な時間です。まずは、何も考えずMRTに乗車です。上の写真はオフィス近くを走る南北線のBishan(ビシャン)駅です。一応地下鉄になっていますが、丘陵地帯なので、トンネルと切通しの混在となっています。ここからMRTに乗ってシンガポール散策です。

 

4.南北線C151形 (Choa Chu Kang~Bukit Gombak:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918165545j:plain

そして何も考えずに辿り着いたのが、最果て?のChoa Chu Kang(チョア・チュー・カン)です。トップの地図を見て頂くと、この頃のMRTは東西線南北線の一部が開業しているにすぎませんが、まだ計画途上の路線が多数あり、現在の路線網はものすごいことになっています。ちなみに、Choa Chu Kang(チョア・チュー・カン)は東西線のJurong East(ジュロン・イースト)から分岐する枝線の終点でしたが、現在は南北線の延伸とつながり、シンガポール武蔵野線的な外環路線になっています。

 

5.南北線C151形 (Choa Chu Kang~Bukit Gombak:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918165634j:plain

そして、MRTの車両ですが、これは国際入札なので現在は世界中の車両メーカーから購入されていますが、この頃は日本製(川崎重工日本車輌東急車輛近畿車輌)のC151形のみでした。アルミ車で車両長が25mもあり、新幹線並みの大きさです。

 

6.東西線C151形車内 (Boon Lay:1995年5月)

f:id:kk-kiyo:20210918165702j:plain

車内は海外特有のFRP製腰掛で色がオレンジ、グリーン、ブルーの3色でした。広い車内にはスタンションポールが林立していますが、吊り手は通路の中央のみの設置です。吊り手はいかにも日本製です。荷物棚もなく大変スッキリした車内ですが、混んでると掴めるものが少ない様な気がします。ところでシンガポールは風紀の厳しい国です。街中でツバを吐いただけで罰金!。駅や電車内をフラフラしていても捕まってしまいます。この日の私はまさに目的もなくフラフラなので、捕まらない様に要注意。こんな写真を撮るにも緊張しました。

第936話 1993年長野:残っていた吊掛車(その2)

この日は、河東線をロケハンしながら屋代~信濃河田間で撮影しましたが、良い撮影場所がありませんでした。天気は晴れていましたが、霞が掛かったようでスッキリしませんし、撮影も全く気合が入っていませんでした。

 

1.モハ1502 (岩野~象山口:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210915074900j:plain

良い撮影場所が見つからず、モタモタしていたらモハ1502が来てしまいました。畑は何もなく地面が剥き出しで、やたらと電線が邪魔な場所です。おまけに陽の向きもイマイチです。

 

2.モハ1502 (象山口~岩野:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912160908j:plain

結局、モハ1502の撮影は以上で終わりです。そして、モハ1502は2か月後に廃車されてしまいました。もう1本モハ1501は1999年まで生き延びましたが、もう撮影に出向くことはありませんでした。

 

3.モハ2510+クハ2560 (象山口~松代:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210915074930j:plain

そして、この日の撮影は時間がまだ早かったのでもう少し続きました。しかし、もう面白くありません。まったく気合が入りません。

 

4.モハ2507+クハ2557 (大室~信濃川田:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210915074957j:plain

C07編成がやって来ました。ここで気づきましたが、さっきのC10編成は前面の屋根周りが赤色でしたが、C07編成は赤色ではなく坊主頭です。もともと、このC07編成の坊主頭が本来の塗分けだったとのことで、ある時期から前面屋根まわりが赤ハチマキになったそうです。

 

5.モハ2507+クハ2557 (金井山~大室:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912161114j:plain

まあ、どちらの塗分けでも問題ありませんが、もう東急電車しか来ないので、本線(長野線)の車両は無視してそろそろ引き上げることに。しかし、その後は撮影目的で長野電鉄を訪れたことは現在までありません。

 

6.モハ2510+クハ2560 (金井山~大室:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912161143j:plain

何とも中途半端な撮影になりましたが、この河東線はかつて上野から湯田中へ直通する国鉄の急行電車が乗り入れる路線でした。それも1981年になくなりローカル輸送専業となりましたが、輸送需要の減少に歯止めがかからず、信州中野~木島間が2002年に廃止され、屋代~須坂間も2012年に廃止となりました。その間に車両は元東急5000系から元営団3000系となり、さらに元東急8500系、元東京メトロ03系へと変遷していますが、残った本線的存在の長野~湯田中間もかなり厳しそうです。

第935話 1993年長野:残っていた吊掛車

今回は、初めての長野電鉄です。長野電鉄は1981年の長野市街地の地下化で、大量の東急5000系を導入し、旧型車を一挙に淘汰しました。よって、趣味的には全くつまらない鉄道になってしまい、ことごとく縁がありませんでした。しかし、1993年当時には、まだ吊掛車が残っているとの情報があり、碓氷峠を越えて屋代に出向きました。

 

1.クハ2560+モハ2510 (雨宮~東屋代:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912160550j:plain

旧型車は、河東線の屋代~須坂間を走っているとのことでしたが、最初に来たのは2600系でした。この頃、お隣の上田交通では同じく元東急5000系の緑カエルが活躍していましたが、そろそろ引退となり、ちょうど元東急7200系が入り始めたころでしたが、長野の赤カエル2600系(注1)はまだまだ主力の様でした。しかし、元東急5000系も第二の職場で余生を送る身分であり、老い先は長くなさそうです。

 

2.クハ2560+モハ2510 (雨宮~東屋代:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912160610j:plain

(注1)2600系の車歴

<2連用> 長野・屋代←モハ2500形+クハ2550形→湯田中・木島

①モハ2500形

・長野モハ2501←東急デハ5035:1957年東急車輛

・長野モハ2502←東急デハ5029:1956年東急車輛

・長野モハ2503←東急デハ5037:1957年東急車輛

・長野モハ2504←東急デハ5023:1956年東急車輛

・長野モハ2505←東急デハ5019:1956年東急車輛

・長野モハ2506←東急デハ5021:1956年東急車輛

・長野モハ2507←東急デハ5039:1958年東急車輛

・長野モハ2508←東急デハ5011:1955年東急車輛

・長野モハ2509←東急デハ5045:1958年東急車輛

・長野モハ2510←東急デハ5015:1956年東急車輛

②クハ2550形

・長野クハ2551←東急クハ5155:1959年東急車輛

・長野クハ2552←東急クハ5153:1959年東急車輛

・長野クハ2553←東急デハ5022:1956年東急車輛

・長野クハ2554←東急クハ5151:1959年東急車輛

・長野クハ2555←東急クハ5152:1959年東急車輛

・長野クハ2556←東急デハ5020:1956年東急車輛

・長野クハ2557←東急クハ5154:1959年東急車輛

・長野クハ2558←東急クハ5158←東急デハ5012:1955年東急車輛

・長野クハ2559←東急クハ5159←東急デハ5046:1958年東急車輛

・長野クハ2560←東急クハ5160←東急デハ5016:1956年東急車輛

 

3.クハ2560+モハ2510 (雨宮~東屋代:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912160626j:plain

<3連用> 湯田中・木島←モハ2600形+サハ2650形+モハ2610形→長野・屋代

①モハ2600形

・長野モハ2601←東急クハ5036:1957年東急車輛

・長野モハ2602←東急デハ5014:1955年東急車輛

・長野モハ2603←東急デハ5041:1958年東急車輛

②モハ2610形

・長野モハ2611←東急デハ5033:1957年東急車輛

・長野モハ2612←東急デハ5013:1955年東急車輛

・長野モハ2613←東急デハ5042:1958年東急車輛

③サハ2650形

・長野サハ2651←東急サハ5367:1957年東急車輛

・長野サハ2652←東急サハ5357:1955年東急車輛

・長野サハ2653←東急サハ5375:1958年東急車輛

 

4.クハ2560+モハ2510 (雨宮~東屋代:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912160642j:plain

ところで、やって来るのは2600系ばかりで、旧型車はどうなっているのか?旧型車がいるという情報はありましたが、いつ走っているのか情報もなく、ひたすら沿線を彷徨いながら待つしかありません。

 

5.モハ1502 (岩野~雨宮:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912160718j:plain

この日は屋代から須坂方面に向けて歩きました。いつどこで吊掛車と遭遇するか分かりません。そして、4km程歩いた雨宮~岩野間で吊掛車をキャッチしました。長野電鉄の吊掛車は、モハ1500形(注2)でした。閑散時間帯の単行運転用に2両だけ残された両運車でしたが、この車両が生き延びた訳は、屋代~須坂間はこの程度の輸送力しか必要としない路線だったと言うことです。

 

6.モハ1502 (雨宮~岩野:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210912160737j:plain

モハ1502の須坂寄りの顔は、前面窓がHゴム支持となり、間抜けな顔つきでした。間抜け顔ではない純正の顔の方が綺麗に撮れたので良かったです。

(注2)モハ1500形の車歴

・長野モハ1501,1502←モハ1551,1552:1951年日本車輌

モハ1500形は、長野電鉄の1000系一族であり、外観もほとんどモハ1000形と同じでした。モハ1500形が残された理由は、恐らく新製車で発電ブレーキ付きだったからと思われます。

第934話 1993年大井川:旧型5連のシーズン到来!!(その5)

すっかり曇ってしまいましたが、気が付けばもう夕方です。この日最後の撮影地は、明るさを求めて抜里まできました。ここは晴れていれば、日没頃まで撮影できそうな場所ですが、さすがに曇ってしまったので、露出の厳しい撮影となりました。

 

1.モハ1001+クハ2001+モハ312+クハ513 (家山~抜里:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204701j:plain

曇ったとは言え、夕方になると行楽客の帰宅ラッシュが始まり、列車はどんどんやって来ました。

 

2.C5644+客車7両+EL補機 (家山~抜里:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204727j:plain

帰り客を乗せた金谷行のSL列車が戻って来ました。ここならどんなに長編成でも大丈夫ですが、ちょっと暗い!。この頃の金谷行のSL列車は、まだ千頭に転車台がなかったので、全列車バック運転でした。だから気合が入りません。C56のテンダーは左右が大きく切り欠かれていますが、これはバック運転時の前方監視には欠かせない構造であることが良くわかります。

 

3.モハ3821+クハ2821+モハ6011+クハ6061 (家山~抜里:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204747j:plain

まあ、SL列車はどうでも良いのですが、この時間帯はSL列車に乗れなかった人達の救済列車が見ものです。

 

4.モハ1906+クハ6052+クハ6051+モハ312+クハ512 (家山~抜里:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204803j:plain

5連も満員の様です。大盛況の大井川鉄道ですが、これは行楽シーズン中の休日のみの光景です。このスポット的な波動輸送のために、ボロ電車も捨てることができません。

 

5.C11227+客車7両+EL補機 (家山~抜里:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204823j:plain

今度はバック運転のC11です。補機ありとは言え、C11には負荷が大きそうな編成です。C11が現役の頃に、果たしてこれだけの客車を牽引したことがあったのか?しかしながら旧客の7連は壮観です。

 

6.モハ1001+クハ2001+モハ312+クハ513 (抜里~笹間渡:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204846j:plain

また4連が千頭に向かって行きました。帰宅ラッシュはまだ続きますが、この日はこれで撤収です。

最後に、1993年時点のSL列車用客車の在籍状況を以下に記します。

①オハフ33形(215,469):2両:元国鉄オハフ33形

②オハ35形(22,149,435,459,559,857):6両:元国鉄オハフ33形

③オハニ36形(7):1両:日本ナショナルトラスト所有車:元国鉄オハニ36形

④スハフ42形(184,186,286,304):4両:186,304は1993年入線:元国鉄スハフ42形

⑤スハフ43形(2,3):2両:元国鉄スハフ43形

⑥オハ47形(81,380,398,512):4両:元国鉄オハ46形、オハ47形

⑦ナロ80形(1,2):2両:元西武電車改造

⑧スイテ82形(1):1両:元西武電車改造の展望車

第933話 1993年大井川:旧型5連のシーズン到来!!(その4)

さて、SLの撮影は失敗しても5連の撮影は失敗できません。5連の千頭折返しは、鉄橋で撮影です。5連は長いので、下手に連写をすると失敗する恐れがあります。よって、ここはワンカットの一発勝負です。

 

1.モハ1906+クハ6052+クハ6051+モハ311+クハ511 (崎平~千頭:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204210j:plain

5連が戻ってきました。見事な凸凹編成です。そして、構図はバッチリですが、天気が・・・。しかし、晴れていたら陽の向きは正面のはずなので、このくらいの日射しがちょうど良かったのかも知れません。

 

2.C11312+客車5両 (崎平~青部:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204232j:plain

陽の向きが変わってきたので、続いて崎平駅の金谷寄りにある大井川第2橋梁へ移動しました。次は2本目のSL列車です。今度は補機無しの客車5両でした。程よい日射しで列車は煙にも巻かれず、意外とまともな写真が撮れました。

 

3.C11312+客車5両 (崎平~青部:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204253j:plain

ここに撮影に来る皆さん方は、こういうのをお楽しみにしているのでしょうか?たしかに、電車に比べると桁違いの迫力です。目の前で汽笛でも鳴ろうものなら、失禁しそうです。ところで、SL列車にあまり興味がなかったので、客車の番号が不明です。手前の焦げ茶色2両は恐らくスハフ43形、真ん中の青線は元西武電車改造のナロ802、後ろの青色2両は・・・オハ47形、スハフ42形でしょうか?

 

4.C5644+客車7両+EL補機 (駿河徳山~田野口:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204313j:plain

次は更に南下して、駿河徳山~田野口間の茶畑です。C56の牽く3本目のSL列車がやってきました。これも補機付きの長編成でした。天気は完全に曇ってしまい、露出が厳しくなってきました。

 

5.モハ311+クハ511 (田野口~駿河徳山:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204335j:plain

次の電車は、さっきまで5連だったモハ311+クハ511です。もう5連は走らないのか?

 

6.クハ6061+モハ6011+クハ2821+モハ3821 (抜里~家山:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204411j:plain

今度は、2連だったアルミカーが4連でやってきました。これは編成の組み替えがあったようです。そうなると、5連の組合せも変わっているはずです。

 

7.クハ511+モハ311 (抜里~家山:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204542j:plain

モハ310形+クハ510形において、旧態然として生き残っていたこの2両ですが、元をただせば旧国モハ50形(→クモハ11形)の成れの果てです。1976年に西武鉄道から移籍してきた当初は3扉ロングシートの通勤電車スタイルでした。その後観光化のためなのか1988年には2扉クロスシート化され、その後はワンマン化もされて1998年まで生き延びます。

第932話 1993年大井川:旧型5連のシーズン到来!!(その3)

日射しが強くなってきました。そろそろ行楽客も増えてくる時間なので、4連が来てもよさそうです。

 

1.モハ1001+クハ2001+モハ3822+クハ2822 (崎平~千頭:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910203844j:plain

最初の4連は、元伊豆箱根+元名鉄でした。アンバランスな凸凹編成が愉快ですが、元名鉄車の塗装は何とかならないものか!

 

2.モハ1001+クハ2001+モハ3822+クハ2822 (崎平~千頭:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910203907j:plain

やはりこの鉄橋は4連くらいでないと様になりません。そう言えば、そろそろSL列車も来る頃ですが、この向きではお尻の撮影になってしまうので、対岸に渡るべきか?しかし、対岸から撮影するとモロ逆光です。

 

3.モハ313+クハ513 (崎平~千頭:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910203936j:plain

金谷行の急行列車は2連でした。次の千頭行きはSL列車ですが、なんだか天気が曇ってきました。でも、逆光は気にせず撮影できそうです。

 

4.クハ2822+モハ3822+クハ2001+モハ1001 (千頭~崎平:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910203958j:plain

よって、対岸に渡りました。すぐ近くに立派な道路橋が出来たので、ずいぶん便利になりました。この写真は金谷行の4連です。曇っていたのでクハ2822の顔がバッチリ撮れましたが、やはり、この塗装は変です。

 

5.C11227+客車7両+EL補機 (千頭~崎平:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204014j:plain

そして、SL列車の登場ですが、長い!! 電車の感覚だったので大失敗です。しかし、もともとSL列車の撮影のために、ここまで来たわけではないので、なんてことありません。

 

6.クハ511+モハ311+クハ6051+クハ6052+モハ1906 (千頭~崎平:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204035j:plain

再び元の茶畑に戻りました。次の列車はSLに乗れなかった人たちの救済列車なので、4連以上のはずです。そして、本日3本目の西武電車であるクハ511+モハ311がやってきました。その後方には、お約束通りアレがチラリと見えました。

 

7.モハ1906+クハ6052+クハ6051+モハ311+クハ511 (崎平~千頭:1993年5月)

f:id:kk-kiyo:20210910204055j:plain

やって来たのはクハ511を先頭にした5連でした。これは、その後追い撮影です。ようやく5連が撮影できました。恐らく、この5連は日中運行されるはずです。あとは、天気次第です。