ローカル線の回顧録

1970年代後半から2000年頃までのローカル線の記録

2024-04-01から1ヶ月間の記事一覧

号外2024.04.30:唯一であるが故の悩み(その3)

スカイレールの終点である「みどり中央駅」は、山上のお城の様な存在でした。この高台の分譲地には住宅が立ち並んでいますが、スカイレールが赤字と言うことは、あまり利用されていないのかも知れません。もっとも、ここは広島です。すぐ近くにはマツダの自…

号外2042.04.29:唯一であるが故の悩み(その2)

スカイレールに乗って山上のみどり中央を目指しました。他に誰も乗っていなかったので、ここぞとばかりに軌道を主体に車窓風景を撮影しましたが、足がふらついてうまく撮れません。車体が揺れていたのか?いやいや、二日酔いでした。前日は中学時代の同窓会…

号外2024.04.28:唯一であるが故の悩み

楽しいGWが始まりましたが悩ましい号外です。 2024年5月1日をもって、広島のスカイレールが廃止されます。その理由は赤字であることが主たる原因ですが、何よりも世界に一つしかないこのシステムは、開業から26年間全く仲間が増えないまま、いつしか異端派に…

第1177話 1995年近鉄(伊賀):ここも「お荷物!」(その3)

今回も近鉄伊賀線の話題ですが、1995年の秋の様子です。860形など興味がないと言っておきながら、この時は名古屋へ行く途中に、天気が良かったので再び伊賀神戸で途中下車をしました。 1.ク761+モ861 (比土~上林:1995年11月) なぜ、伊賀線を再訪したの…

第1176話 1995年近鉄(伊賀):ここも「お荷物!」(その2)

ところで、近鉄伊賀線は近鉄養老線と共に2007年に大近鉄から追い出されてしまいました。現在はそれぞれ伊賀鉄道と養老鉄道となりましたが、伊賀鉄道は追い出された腹いせなのか、もう近鉄には頼らず、いきなり元東急1000系を購入して、あたかも近鉄に無言の…

第1175話 1995年近鉄(伊賀):ここも「お荷物!」

近鉄北勢線の220系がなくなり、養老線からも吊掛車がいなくなると、近鉄とは縁が切れてしまいました。ところが、近鉄大阪線に乗ると、いつものように伊賀神戸で見かける変な近鉄電車が無性に気になり、ある日、伊賀神戸で途中下車して変な近鉄電車を追ってみ…

第1174話 1997年南部縦貫:オッと、続行運転!!(その3)

この日の撮影は午後からでしたが、坪川から西千曳まで歩きながら撮影を行いました。そして、予期せぬ続行列車のお陰で、予定よりも多くの写真が撮れました。 1.キハ101 (西千曳~後平:1997年4月) 後平から西千曳までは、鬱蒼とした森の中に線路が敷かれ…

第1173話 1997年南部縦貫:オッと、続行運転!!(その2)

この日の南部縦貫鉄道は乗客が多かったとは言え、レールバスを続行運転していたとは驚きでした。そんなに人が集まるとは、改めてレールバスの人気を実感しましたが、私も含めて、なくなる時に集まっても意味がありません。 1.キハ101 (道ノ上~坪川:1997…

第1172話 1997年南部縦貫:オッと、続行運転!!

南部縦貫鉄道が営業運転を休止したのは1997年5月でした。早いもので、もう27年前のことです。あくまでも休止と言うことで廃止ではありませんでしたが、走れば走るほど赤字が膨らむので、やむを得ない判断だった様です。とうとう「メルヘンの世界」は現実に負…

第1171話 1994年野上:撮影禁止令布告(その4)

朝のラッシュが終わり、日方に戻りました。今回は車庫の様子です。しかし、この頃になると、車庫内の立ち入りは許可されず、日方駅、列車内の「撮影禁止令」が布告されていました。ならば、車庫の外から撮影です。 1.モハ31+モハ32 (日方:1994年2月) こ…

第1170話 1994年野上:撮影禁止令布告(その3)

野上電鉄の廃止まで、残すところ1か月ほどでしたが、この日は意外にもマニア風の人を見ませんでした。いつもと変わらぬ日常を撮影できたので、それは結構なことですが、誰からも相手にされていない様で、逆に哀れに思いました。 1.モハ27 (動木~野上中:…

第1169話 1994年野上:撮影禁止令布告(その2)

早朝から下佐々周辺で撮影していたので、少し休憩をとるため撮影の合間に、終点の登山口へ行ってみました。 1.登山口駅 (登山口:1994年2月) 登山口は閑散としていました。この駅は、ここから紀伊山地の山間へ向かうバスの中継地ですが、電車が廃止され…

第1168話 1994年野上:撮影禁止令布告

今回は、野上電鉄の廃止まであと1か月少々となった1994年2月下旬の様子です。この日も海南で前泊して、早朝の出庫バスで野上谷へ向かいました。 1.デ13 (下佐々~竜光寺前:1994年2月) まずは、下佐々付近で撮影ですが、まだ完全に陽が昇っておらず、海…

号外2024.04.09:たまには新車を見に行こう!!(その3)

鶴見線の大川を訪問したあとは、まだ午前9時ですが、浜川崎経由で早々に帰宅です。・・・と、言うのも、ラッシュアワーを過ぎた鶴見線は、途端にローカル線になるからです。列車の本数があれば、海芝浦や扇町にも行ってみようと思いますが、乗った電車で戻ら…

号外2024.04.07:たまには新車を見に行こう!!(その2)

久々の鶴見線大川駅ですが、ずいぶん前に息子を連れて休日の暇つぶしに大川を訪れたことがありました。ちょうど息子が電車に興味を持ち始めたころだったので、その時は鶴見線をただ乗るだけでしたが、すでにクモハ12形はなく、103系に代わって205系が走って…

号外2024.04.06:たまには新車を見に行こう!!

先月の桜の開花が足踏みをしている頃、平日に休暇が取れたので、朝からぶらっと出かけました。ちょうどラッシュアワーだったので、いつものように出勤感覚で京浜東北線に乗ったものの、さてどこに行こうか? たまたま乗った電車は鶴見行でした。そう言えば、…

第1167話 1995年水島臨海:あの苦言の波及効果(その4)

とうとう水島臨海にもNDCが投入されました。時代の流れなのか、それもやむを得ません。これでまた趣味の対象が減ってしまいます。でも、廃線で減ってしまうよりはマシですが・・・。 1.キハ208+キハ20形 (球場前~倉敷市:1995年8月) さて、この日はまだ…

第1166話 1995年水島臨海:あの苦言の波及効果(その3)

さて、今回は気動車の話題です。いつものキハ20形ばかりと言いたいところですが、あの苦言の波及効果で、とうとう新車が入ってしまいました。 1.キハ206 (倉敷貨物ターミナル:1995年8月) 新車が増備されれば、このキハ20形は当然廃車となる運命ですが、…